年式の古い車やMT車は下取りで査定ダウン

年式の古い車はディーラーの下取りでは値段がつかないことがあります。
値段がついたとしても数万円だったりして新しい車の購入資金として
全く役に立たないことも多くあります。

また、最近希少となっているMT車も同じ同じ車種のAT車と比べると
下取り査定が下がる事が多いです。

この理由は古すぎる車はディーラーの中古販売店に並べても売れる可能性が
低いということ、同様の理由でMT車も欲しい人が少ないという理由で
嫌煙される傾向にあります。

販売経路の多い車買い取り業者なら高値査定も

ディーラーと比べると、様々な販路を持つ車買取業者であれば、
古い車やMT車も良い査定額が期待できる場合があります。

年式の古い車は、日本国内では人気がないかもしれませんがアジアや
ロシア圏では人気があり、高値で取引されることも多いと聞きます。
特に古いSUVやコンパクトカーが人気であると聞きます。

また、MTの車も少数ながらコアなユーザがいるのは確かで、MT車
ばかりを集めた中古車販売店などもあるそうです。
このような業者にとってはむしろ、MT車を沙汰していますので、
高値で買ってもらうことが可能なのです。

下取り査定で値段がつかなかったからといって諦めずに、
車買取一括査定サービスをうまく利用すれば次の車の購入資金と
なるかもしれません。